彼との待ち合わせは仕事が終わってからホテルに行くと言うことで約束になったのです。
性的な不満がとっても高まってたし、それに初めて知らない男性と会ってそのままホテルに行く約束ですから、それなりの緊張感と共に、期待感も高まる一方だったのです。
仕事も手につかない状態でした。
「大丈夫?何か心配事でも?」
同僚からもそんなこと言われちゃうくらいでした。
だってセックス最近してなかったし、これからどんな肉体関係が待っているのかと思うだけでも、体が震えるほど興奮してしまったのです。
男性のオチンチンで、激しく感じたい、おもいっきりフェラしたいなんて想像してしまいました。
待ち合わせ場所に指定されたのが、ラブホテル街のある駅前のコンビニ駐車場でした。
とっても心臓をバクバクさせながらそこに到着させると、待ち合わせ約束した男性が車で待っていてくれたんです。
彼の車に乗せられて、近くのラブホテルに滑り込んで行きました。
チェックインを済ませて入室、ラブホテルも久しぶりだったから気分がとても盛り上がっていきました。
初めて会った彼と会話を楽しみビールで乾杯、そしてさりげなく体を触られていったんです。
久しぶりに男性に触られるものだから、一気に火がついちゃって彼の唇を奪っていました。
とても激しくディープキスを交わし、彼は私の体を触りまくってくるのです。
浮くを脱がされて思いっきり触られたり舐められたりしていきました。
彼のコチコチのオチンチンを手コキしてあげたり、口に含んでたっぷりとフェラをしてあげました。

久しぶりのオチンチンの感触で、オマンコから凄い量のマン汁が溢れているんです。
触られるとエッチな音がいっぱい出ちゃうし、彼の硬いオチンチンを受け入れた時凄く大きな声で乱れてしまいました。
恋愛関係にない男性のオチンチンを受け入れることで、素の自分を出すことが出来て、大いにエロチックな時間を楽しむことが出来てしまいました。
最後は彼の精液をすべて飲み込んでいったのでした。